うたかたの日々 ◆ L'écume des Jours ◆ 

泡のように消えていく日々の記録。旅行・コスメ・好きなコト。

アンコールワット遺跡・日の出@シェムリアップ DAY2【Vol.9】

Sponsored Link

夜明け前の神々しさにゾクゾクしたあと、遺跡の敷地の中へ、ぞろぞろと。

f:id:calamarie:20171017210152j:plain

 

道中、気になる遺跡がありましたが、まずは日の出スポットへ向かいます。

f:id:calamarie:20171017210206j:plain

 

日の出が美しく見えるという、池の周りで待機。

モザイク以外は加工していなのですが、変な空の画像↓。

f:id:calamarie:20171017210317j:plain

 

この池には、蓮の蕾が沢山。

時間が経つに連れ、花がだんだんと開いていきました。

f:id:calamarie:20171017210324j:plain

f:id:calamarie:20171017210440j:plain

 

f:id:calamarie:20171017210443j:plain

 

この辺りから、光が広がり始めます。

おんなじような写真が続くよ ʕʔ

f:id:calamarie:20171017210711j:plain

f:id:calamarie:20171017210714j:plain

f:id:calamarie:20171017210716j:plain

f:id:calamarie:20171017210722j:plain

f:id:calamarie:20171017210720j:plain

f:id:calamarie:20171017210718j:plain

 

写真を撮っている間はサングラスをしているので、あとで写真を見て二度感動。

強い光だなあ。

 

休憩タイム

そろそろ、お食事タイムです。

期待していたランチボックスは、シンプルの極み。

 

f:id:calamarie:20171017210950j:plain

 

簡易レストランもあったので、そこで軽食を食べることも出来ます。

この時に、バンのツアーメンバーとお話。

親子と、カップル。

ベジの人たちは、ドライチップスを持参して食べていました。

私にも分けてくれたんだけど、余計な味付けがなくて美味しかった!

 

f:id:calamarie:20171017210959j:plain

お食事エリアで、子供が食事(お金?)をねだってきました。

遺跡の中だからストリート・キッズとは呼ばないのかな。

私のランチボックスをそのままあげても良かったんだけど...。注意書きで、子供に金品を与えないでくださいっていう文言が有りました。

観光客が簡単にあげてしまうことにより、子供の教育の機会が失われてしまうそうです。

どうにも悲しいけれど、現実なんだろうな。

フレンドリーだったアメリカ人が、急に「NO」の態度に変わったのが印象的。

 

犬がちらほら。バンコクみたいだなあ。

f:id:calamarie:20171017211000j:plain

 

f:id:calamarie:20171017211932j:plain

f:id:calamarie:20171017211938j:plain

 

水面に反射しています。

実際見ると、荘厳な風景。

f:id:calamarie:20171017211942j:plain

 

すっかり明るくなりました。

f:id:calamarie:20171017211940j:plain

 

木陰から、上を見上げてみた。

迷路みたい。

f:id:calamarie:20171017211923j:plain

 

このあとは、実際に遺跡の建物の中へ入っていきます。

続く➸【Vol.10】アンコールワット・第一回廊と輪廻とタイムスリップ

 


2日目

【Vol.7】アンコールワット遺跡・ホテル出発からチケット購入

【Vol.8】アンコールワット・夜明け前

【Vol.9】アンコールワット遺跡・日の出

【Vol.10】アンコールワット・第一回廊と輪廻とタイムスリップ

【Vol.11】アンコールワット・十字回廊と第二回廊

【Vol.12】アンコールワット・第三回廊と中央本祠

【Vol.13】アンコールトム・光と影のコントラスト

【Vol.14】アンコールトム・バイヨン

【Vol.15】タプローム(Ta Prohm)・ガジュマルと苔と退廃

【Vol.16】アンコールワット遺跡群・見学の手段や料金

【Vol.17】パレット 午後2時のランチとハンドメイドの花細工

【Vol.18】パブストリート(Pub Street)とお気に入りの小道

【Vol.19】フランス料理・アネックス(L'ANNEXE)

【Vol.20】ルーフトップバー・パレット再び、そして街の夜景

Sponsored Link