うたかたの日々 ◆ L'écume des Jours ◆ 

泡のように消えていく日々の記録。旅行・コスメ・好きなコト。

忘れられない朝のシーン@シドニー DAY5 【Vol.12】

Sponsored Link

ロックスで歩き回った翌日。

ツカレもふっとび、早起きしちゃった。旅行あるある。

ホテルの部屋から、朝の風景なんて、見てみるよ。

 

f:id:calamarie:20171011104941j:plain

 

f:id:calamarie:20171011105333j:plain

 

ヨットが見えたー。

f:id:calamarie:20171011105335j:plain

 

ふと、近くのビルを見ると...

あれ、誰かいる。今、朝の5時台だよ!

 

f:id:calamarie:20171011105459j:plain

 

秘書なのかな。

まだ誰もいない社内のデスクに、資料を置いて回っていました。

こんな時間から働くんだ...とそのスタイルにしばし衝撃を受けたシーン。

その後の働き方に、かなり影響を受けた瞬間でもありました。いいのかわるいのか...

 

そして、今日はちょっと早くお出かけ。

朝食がサーブされる時間には、少し早かったのだけど、「準備できているもので良ければ」ということで、一足お先にテーブルを用意してくれた。

柔軟性があっていいホテルだなあ。

 

朝食のレストランは、結構広かったです。

それに、変わった品揃えがたくさんありました。

大きなコムハニー!

飾りではなく、実際にここから蜂蜜をとるみたい。

ゴージャス!

ソーセージやスープも、珍しいタイプがいろいろ。

 

どれも食べたいよー!と舞い上がってしまい...

f:id:calamarie:20171011110053j:plain

結果、オーソドックスなものばかり並ぶという失態。

定番メニューとはいえ、どれもちゃんとグリルしてあって美味しかったよ!

 

そして、おでかけLET'S GO!

 

続く➸【Vol.13】イソップを探しにアーティストの街・パディントンへ

 


オーストラリア・シドニー旅行

【Vol.8】アート展へ迷い込む「2008 Biennale of Sydney」

【Vol.9】オペラハウス・The Quayで生牡蠣ランチ

【Vol.10】人の波に飲み込まれ、公園へ避難の巻

【Vol.11】カジノ、ロックス、オペラハウス!

【Vol.12】忘れられない朝のシーン

【Vol.13】イソップを探しにアーティストの街・パディントンへ

【Vol.14】シドニーハーバーブリッジ

【Vol.15】モダンでスタイリッシュなホテル、アモラ

【Vol.16】さよなら、オーストラリア・最終日

Sponsored Link