うたかたの日々 𓆸 ᴸ'éᶜᵘᵐᵉ ᵈᵉˢ ᴶᵒᵘʳˢ

泡のように消えていく日々の記録 | ᴛᴏKYᴏ LIFᴇ | ᴛʀᴀᴠᴇʟ | ᴄᴏsᴍᴇ | FᴏᴏᴅIᴇ | MᴏVIᴇ

栄養たっぷり!すっぱ美味しい自宅で作るザワークラウト[乳酸発酵食品]

Sponsored Link

ドイツの漬物、ザワークラウト。

昔は「ザワークラフト」って覚え間違いをしていました😅

ビタミンCが入っていて、お肌にも良さそうな乳酸発酵食品です。

f:id:calamarie:20200730135020j:plain

 

今年はとにかく良くザワークラウトを作った年でした。今も冷蔵庫で順調に発酵中🥬

10年以上前かな、一度ザワークラウト作りに挑戦したことがあります。しかし、腐ってしまうのが怖くて、漬け始めてすぐに炒めて食べてしまった経験があります。

 

しかし今年は「STAY HOME」の影響で、とにかくおうち時間が長い!

せっかくなので再トライしてみたら、意外にも超簡単に出来上がったというわけ。必要なのは塩とキャベツだけなので、すぐ始められますよー( ´)

一番大事なのは、不安がらずに「絶対できる」って気持ちをしっかり持つことかな☺︎

 

ザワークラウトの作り方

 始める前に

基本は塩とキャベツが主役。それ以外は、自宅にあるもので大体まかなえると思います。私の場合は足りないものがあったので、まずその準備から書いていきたいと思います。

 

準備するもの(あったほうが良いものも含む)

アルコールスプレー

まな板

包丁

大きめのボウル

スケール(はかり)

密封できるガラス保存瓶(1リットルくらい)※冷蔵庫に入るかどうかチェック

ハーブや胡椒の粒(なくても出来る)

すり棒のようなもの(キャベツを押し込む)

 

 

塩とキャベツは必須です。

f:id:calamarie:20200730135123j:plain

手順

1. 調理道具を消毒殺菌する

面倒なことは先に済ませたい。

保存瓶やボウルを熱湯で消毒します。特に瓶は煮沸したほうが良いみたい。

包丁やまな板にも熱湯をかけます。私は、食品に適したアルコールスプレーでキレイにすることも。

f:id:calamarie:20200730135110j:plain

2. キャベツの外側の皮をはがす

外側の硬い部分をはがします。この皮を使ってキャベツに蓋をするやり方もあるそうなので、やってみたい場合は捨てずにキープ。

私はこの方法でやっていて、全体的に発酵が始まったタイミングで捨てています。

 

3. 塩の量をはかる

キャベツの重さに対して、塩は2%くらい。

恥ずかしながら、私は計ったことないです😅いつもテキトーな塩梅で何とかやっているので、毎回味が違います。

安定したクオリティを求めるなら、きちんと測ったほうが良いかと思います。

utakata-days.hatenablog.com

 

4. キャベツをカット

4等分にして千切りしていきます。

私はその時によって、荒く切ったり細かく切ったりして違いを楽しんでいます。いろいろ試した結果、個人的には細かいほうが好き。

ちなみに、芯も適度な大きさにカットして入れていますが、歯応えがあって結構美味しかったです。

 

5. 塩とキャベツを和える

ボウルであえて、しんなりさせます。

 

6. 瓶に詰める

いよいよ瓶詰め。ハーブや粒胡椒などを混ぜつつ、キャベツをぎゅーっと瓶に詰めていきます。

ローズマリーやローリエなどを入れました。胡椒の粒も相性がよかったです。

ハーブ類を入れなくても出来たので、お好みで。

f:id:calamarie:20200730135046j:plain

 

私はある程度詰めたらすり棒で押して、さらにキャベツを詰めています。

 

f:id:calamarie:20200731125710j:plain

 

詰め終わったら、お好みで外側キャベツで蓋をして瓶の蓋を閉めます。

常温で半日〜1日様子を確認(冷暗所)。

気候により、早い時は数時間で水が増えてきます。ふつふつと泡が出てきたり、面白いですよ!

発酵する音が聞こえた時もあって、何だか嬉しくなります♫

しっかり酸味が出て、感動すると思いますよ!

 

1週間、2週間、と時間が経つごとに味の変化も楽しめます。下の写真は2週間以上過ぎたころのキャベツ。深く浸かっています。

f:id:calamarie:20200730135033j:plain

食べ終わったら

キャベツを食べて、瓶に残ったエキスは、次に漬けるときのベースにしています。

エキス入りでつけるときは、ゼロからやるより発酵が早い気がしますね。味も落ち着いています。

f:id:calamarie:20200730135057j:plain

 

失敗したケース

失敗、というほどでもないのですがご参考まで。

 

❶ 文中にも書きましたが、私は塩の重さを計ったことはありません。そのせいか、一度あったのが「旨味が薄い」という事態。塩が足りな過ぎたんですね。早めに味見したので、途中で塩を足して乗り切りました。

 

❷ 紫キャベツで試してみたとき、一緒にニンニク(みじん切り)も入れてみました。

ニンニクの量が多すぎたのか、出来上がりの風味がキツくてあまり好みではありませんでした。

ニンニク自体は大好きなんですが、やってみないとわかりませんね。

 

❸ キャベツを買ってきて、しばらく日が経ってからザワークラウトを作り始めたことがあります。手順は同じなのに、発酵がだいぶ遅かったように思います。

新鮮なうちの方が発酵しやすいのかもしれませんね。栄養学に明るくないので、仕組みは闇のままです...。

 

アレンジ色々

メインで作っている瓶のキャベツが残り少なくなってきたら、もう少し小さめの瓶に移すことも。これは、ガーキンが入っていた瓶に入れています。

蓋のすぐ下に見える畳んであるキャベツは、外側のキャベツです。

f:id:calamarie:20200730145543j:plain

 

このサイズの瓶だと、取り出しやすくて便利ですよ。空き瓶、とっておいてよかった!

f:id:calamarie:20200730145552j:plain


 また、別の野菜を漬けてみたこともあります。

大根やにんじんで漬けた時は、不思議なことに糠漬けの味になりました。

すこーしお醤油をつけて食べると、完全に糠漬け。

今はナスを漬け始めました。どうなるかなー?

 

他にもアレンジしたら追記しておきます。

いつでも冷蔵庫に一品あると、食事のバリエーションが増えますね☺︎