うたかたの日々 𓆸 ᴸ'éᶜᵘᵐᵉ ᵈᵉˢ ᴶᵒᵘʳˢ

泡のように消えていく日々の記録 | ᴛᴏKYᴏ LIFᴇ | ᴛʀᴀᴠᴇʟ | ᴄᴏsᴍᴇ | FᴏᴏᴅIᴇ | MᴏVIᴇ

豫園散歩@上海旅行 DAY2【Vol.2】

Sponsored Link

上海旅行2日目。

午前中から向かったのは、豫園という庭園。
上海を代表する観光地の一つだそう。ざっくりと、豆知識。

 

豫園

場所:上海市黄浦区安仁街
豫園とは:豫=愉 「楽しい園」と言う意味
面積:約2万m2 
建設にかかった年月:18年間
建設の経緯:明時代に作られた庭園。
      四川省の役人だった潘允端が、父親の為に作ったそう。

 


豫園の建設の経緯については、あまり詳しい説明が得られませんでした。
お父さんのために作ったそうですが、どうして作ることになったのかなあ。
もう少し調べてみたいです。
さて、庭園内へLet's Go!


早速、重厚で美しいフレームに出会う。
これは、大好きなテイストだ( ´∀`)

 

豫園は各ブロックに分かれていて

そのブロックの入り口に門が配置されているそう。

 

人物入りで撮影した写真が多いのでブログ掲載は割愛しますが、フレーム(門)

単体だけでも撮っておけばよかった!

 

門の役目

・奥行きを深く見せる効果

・門の先の風景を別の世界と見立てて鑑賞する

 

と言うことは、門の正面から奥を見るのが、正しい鑑賞の仕方なのかな。

 

道中には細い竹林があったり、風情がある小道が続いていました。

 

これには目を引かれた!

ヒゲが繊細な龍。

f:id:calamarie:20170918150025j:plain

 

龍墙

瓦の上の装飾。

当時は、龍は皇帝以外使ってはいけないモチーフだったそう。

皇帝の龍は指が5本。

龍墙の指は3本。皇帝より格下になるように、意図的に3本にしたらしい。

 

台風で、ヒゲ折れないのかなあ。

 

 

佇む夫。

f:id:calamarie:20170918150427j:plain

 

由来や意味を詳しく知りたいスポットが、幾つもありました。

f:id:calamarie:20170918150612j:plain

 

見所が多い、この豫園。

ドンピシャで好きな建築様式だったので、とっても楽しめました。

こういうギラギラしていない観光地、好きです。

こういうのを名所って言うんだろうな。

 

今回の上海旅行は、私はほとんど下調べも予習もしないまま、現地入り。

夫メインで日程をたててもらったので、

自分でも予備知識を入れてから訪れれば、もっと深く楽しめたかなあと、ちょっと反省でした。

 

豫園の出口付近。

お土産物屋さんなどの売店が並んでいました。

ここで、お土産にする花文字を書いてもらいました。

名前に、絵柄で装飾したもの。

 

これは有りがちな、不思議な日本語。

f:id:calamarie:20170918151413j:plain

 

 

 

お堀のような池がありました。

金魚と呼ぶには大きめのサカナたち。

おそらく餌に群がっているのかな。

全体像は、ゴッホのタッチ。

f:id:calamarie:20170918155702j:plain

 

そこへ、鳥が。

何とも言えない居心地の悪さ。混み合ってるね...

f:id:calamarie:20170918155726j:plain

 

続く。