うたかたの日々 - L'écume des Jours -

泡のように消えていく日々の記録 #旅行 #コスメ #雑貨 #インテリア #クラフトビール ,etc.

カンボジア・シェムリアップ/アンコールワットへの旅行:DAY1 【Vol.1】

Sponsored Link

高校生の頃、歴史の先生からお話を聞いていた、カンボジアのアンコールワット遺跡。

 

「ぜひ、人生で一度は見に行ったほうが良いと思いますよ」

 

普段物静かな先生が、ちょっとおしゃべりになった日がありました。

 

「朽ち果てていくものが持つ美しさっていえばいいのかな...」

 

細かい内容はもう忘れてしまったけれど、そのフレーズだけはオトナになっても耳と心に残っています。

 

アツくて静かな情熱。

先生のコトバと眼差しには、そういうものを感じました。

今も昔も、知的でキレイな女性には弱いです。

 

高校生の当時、それまで遺跡には興味がなかったのだけど、この先生がそんなに惹かれる場所って、どんなトコかなって心に引っかかった場所でした。

 

 

そして、バンコクで暮らすことになった現在。

いい機会なので、アンコールワットを見に行くことになりました。

まさか本当に行くことが出来るとは...

 

遺跡のこと、全然勉強していないけれど、まずは行ってみることに。

 

私の希望、アンコールワットを見ること。

夫の希望、カンボジアでクメール料理、そしてフランス料理を食べること。

 

これらのミッションを胸に、シェムリアップを訪れた時の旅日記です。

 

ドンムアン空港からエアアジアでカンボジアへ

搭乗時間まで、スタバで待機。

ドンムアン空港では、なぜかスタバが空いていることが多い気がします。

f:id:calamarie:20171012234315j:plain



f:id:calamarie:20171012234317j:plain

 

コールドブリュー、美味しかった。

もう少し濃くても好きかな。

f:id:calamarie:20171012234717j:plain

 

そしてエアアジアでカンボジア、シェムリアップへ✈

 

飛行機を降りると、こんな風景。

f:id:calamarie:20171012235122j:plain

 

 

カンボジア入国の必勝法...我が家の場合

1.ビザはネットで取得

カンボジアへのビザは、事前にインターネットで取得しておきました(夫が)。

よって、現地ではサーッと通過するだけ。

 

2.荷物は手荷物のみ

持参する荷物は、機内へ持ち込めるスーツケースに収まるボリュームにとどめました。

そうすれば、現地空港についた時に、自分の荷物が出てくるのを待つこと無く、さっと次の行動に移ることが出来ます。

 

【ちょっとつぶやき】

荷物を最小限に留める!

コレは、私にとって至難の業でした。

荷物、いろいろ多くなっちゃうんだもん!

昔行った日帰り旅行で、スーツケース5つ持っていって唖然とされたことが有ります...。(2個戻された)

 

できれば家ごと移動したいくらい...冗談抜きで。

ですが面白いもので、旅行の回数を重ねるごとに、段々とミニマイズされていくものですねー。

今回のパッキングは、まあスムーズに出来たと思います。

 

ーーーーーー

今回のカンボジア入国。

ビザの事前取得と預け入れ荷物をなくした効果か、一番に空港の出口に出たのは私たちでした。

お願いしていたホテルの送迎車も、しっかりスタンバイ。

わーい!

幸先いいスタートで、ホテルへ向かいました。

 

ちなみにビザのネット取得について。

今まで何度か改正されているようです。古い情報になるとコワイので、最新の情報をググってみてくださいm(_ _)m

日本語の案内もあって、とてもスムーズに出来るようです(夫談)。

 

 

 

到着してから、初めてのランチタイム。

思いがけずステキなレストランへ行ってきました。

 

続く➸【Vol.2】マリスでカンボジア料理のランチ

 


1日目

【Vol.1】カンボジア・シェムリアップ/アンコールワットへの旅行

【Vol.2】マリスでカンボジア料理のランチ

【Vol.3】オールドマーケットへサイクリング - 夕日の旅・前編 -

【Vol.4】牛を横目にサイクリング! - 夕日の旅・後編 -

【Vol.5】クメール料理 クメールタッチキュイジーヌ

【Vol.6】ルーフトップバー・パレット【Palate】で初日を祝う、の巻