うたかたの日々 - L'écume des Jours -

泡のように消えていく日々の記録 #旅行 #コスメ #雑貨 #インテリア #クラフトビール ,etc.

ワイナリー!ヤラバレーのドメーヌシャンドンへ@Yarra Valley, Domaine Chandon, メルボルン DAY3【Vol.5】

Sponsored Link

今回の旅のハイライトでもある、ヤラバレーのワイナリーへ。

 ホームページ:Chandon Sparkling Wine from Napa Valley | Chandon

 

午前中にドライブがスタートしました。

念願の、ドメーヌシャンドン!ドキドキする✨

飲み過ぎにご注意ご注意...

 

f:id:calamarie:20170926121609j:plain

ドメーヌ・シャンドン

伝統と革新が造り上げる正統派スパークリング

 

オーストラリアのヤラ ヴァレーにモエ・エ・シャンドン社が設立したドメーヌ シャンドン。
そこで造られているシャンドンは、シャンパーニュ地方と同じ伝統的な
メトード トラディショネル製法とブドウ品種によって造り上げた正統派スパークリングワインです。
その上質にして繊細な味わいは、「シャンドン」の名を冠するにふさわしい仕上がりです。
地域:ヤラ ヴァレー、オーストラリア 設立:1986年

 

いわゆるグリーンポイント

我が家のテーブルに欠かせない、グリーンポイント。

好きなワインが作られている、そのワイナリーに行くというのは、とってもワクワクする体験。

 

ちなみに、モエ・ヘネシーがグリーンポイントを買収し、誕生したのがドメーヌ シャンドン オーストラリア。

 

f:id:calamarie:20170926123508j:plain

まず、ワインを作る工程が展示されているので、ぶらぶら見学。

f:id:calamarie:20170926123530j:plain

 

f:id:calamarie:20170926123537j:plain

 

そしてワイナリーへ向かいます。

f:id:calamarie:20170926123643j:plain

 

わあーっとなる光景!

f:id:calamarie:20170926123815j:plain

 

f:id:calamarie:20170926123848j:plain

 

どこを見てもフォトジェニック!

 

f:id:calamarie:20170926124001j:plain

 

グリーンポイント ブラッセリー【Greenpoint Brasserie】

ランチはこちらのレストランで。

ここでテイスティングも出来ますが、今回はお食事をしながら赤のボトルに決定。

 

f:id:calamarie:20170926124424j:plain

 

 

私は前菜盛り合わせ、みたいなプレートにしました。

メニューの名前も、食欲をそそられるタイトルがいっぱい。

 

好きなモノが、盛りだくさん🍴

色んな種類がそこそこのボリュームで入っていて、これだけで大満足でした。

他のメニューも美味しかったよ。

こういうプレゼンテーション、感動する!

f:id:calamarie:20170926124426j:plain

 

 

 

f:id:calamarie:20170926124750j:plain



ゆっくりお食事したあとは、散策しながら外へ向かいます。

とにかく清々しい場所でした。

 

月日を感じる、ダイナミックな木々。

f:id:calamarie:20170926124752j:plain

 

 Domaine Chandon

所在地: 727 Maroondah Highway, Coldstream, VIC 3770

メルボルンから車で1時間ほど

 

続く➸【Vol.6】コアラ!タスマニアンデビル!オージーアニマルが暮らすヒールスビル自然保護区 


 

オーストラリア・メルボルン旅行

【Vol.1】オーストラリアへ出発@成田空港

【Vol.2】朝食は中華料理レストランで

【Vol.3】フィリップ島!オーストラリアでペンギンと出会う夜

【Vol.4】オーストラリアワインで乾杯、そしてイソップとの出会い

【Vol.5】ヤラバレーのドメーヌシャンドンへ

【Vol.6】コアラ!タスマニアンデビル!オージーアニマルが暮らすヒールスビル自然保護区

【Vol.7】お庭に暖炉があるレストラン

【Vol.8】ザ ホテル ウィンザー・重厚でクラシックな空間に浸る